1973年発表の4作目にして、陽水の初期の最高傑作といえる作品だ。
いきなり見事な展開の<1>から<3>へのメドレー。スティーヴィー・ワンダーに影響を受けたらしい、当時の日本としては異常なくらいにファンキーでハードなタイトル曲<5>。ほか有名曲<8>など、テンションの高い曲が並ぶ。しかし、やはり白眉は忌野清志郎との共演曲<3>。若き恋人たちの叙情と不安を見事に描いた、名曲中の名曲だ。参加メンバーも、朋友の星勝、細野春臣、松岡直也、高中正義、林立夫、村上秀一と超豪華だ。(麻路 稔)

 ・ amazon : Yosui Inoue 03. Ice World : 氷の世界 (1973)

 ・ レコチョク Best : 03. Ice World (1973) / 氷の世界

 ・ Spotify : 03. Ice World (1973) / 氷の世界

1. あかずの踏切り
2. はじまり
3. 帰れない二人
4. チエちゃん
5. 氷の世界
6. 白い一日
7. 心もよう
8. 待ちぼうけ
9. 桜三月散歩道
10. Fun
11. 小春おばさん
12. おやすみ