100Yosui.com では、井上陽水(Yosui Inoue)の楽曲とアルバムを紹介。

井上 陽水(いのうえ ようすい、1948年8月30日 – )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、音楽プロデューサー。1970年代には吉田拓郎と双璧をなし、フォークソング界あるいはニューミュージック界を牽引した。1973年発売のアルバム『氷の世界』は、アルバムとして日本市場で初のミリオンセラーを記録する。その後も1984年のアルバム『9.5カラット』が売り上げ100万枚、1999年のベスト・アルバム『GOLDEN BEST』は売り上げ200万枚を達成するなど、長いキャリアを通して高い人気を維持し、日本ポピュラーミュージック界の最重要人物の一人として活躍し続けている。
デビュー前からビートルズの熱狂的なファンで ある。コンサートやテレビ番組の中でしばしばビートルズの作品を歌うほか、ビートルズの影響は楽曲の随所に見られる。

井上陽水のアルバム

断絶 (1972)
陽水II センチメンタル (1972)
氷の世界 (1973)
二色の独楽 (1974)
招待状のないショー (1976)
“white” (1978)
スニーカーダンサー (1979)
EVERY NIGHT (1980)
あやしい夜をまって (1981)
LION & PELICAN(ライオンとペリカン)(1982)
バレリーナ (1983)
Negative (1987)
ハンサムボーイ (1990)
UNDER THE SUN (1993)
永遠のシュール (1994)
九段 (1998)
カシス (2002)
LOVE COMPLEX (2006)
魔力 (2010)